動的耐震診断  | 名古屋の工務店|自然素材注文住宅・新築なら天白区のうえやま建設
on・new お問い合わせ
資料請求

メニュー CLOSE

施工実績

動的耐震診断 

天白区 O様

お客様が家を大規模リフォームしたいとご連絡を頂戴しました。

しかし、リフォームした建物が地震で壊れるのは、嫌だ。

そこで、動的耐震診断をご提案しました。

簡易測定は、筋交表記のある図面があれば可能だったが、

実際に揺らして、その上で実際の地震動による弱点箇所を明確にした上で、

補強箇所の検討材料にした。

 

以下は、ビイックから転載です。

動的耐震計測とは

小型振動機のゆれを利用して建物(木造2階・3階建て住宅)に小さな地震を起こし、あなたの家がどのくらいの震度まで耐えられるか、具体的に測定するサービスです。
建物を揺らすといっても、人間がようやく感じる震度1程度の微弱な地震なので、物が倒れたり、建物自体を傷つけたりすることのない、とても安全な調査方法です。

震度1程度の家の画像イラスト
  • ご自宅の耐震性を実測値で計測できます。
  • 耐震改修後の効果も把握できます。
  • 新築住宅の剛性も評価できます。

従来の耐震計測の問題点

従来の耐震計測は一般の方にはわかりにくい構成になっています。
建築士などの専門家が構造計算をしたり、実際に建物の状態を目視して、耐震性を判断しているからです。
もっとも大きな問題は、実際の測定値ではない、ということです。

  • 図面だけでは建物の実際の耐震性を把握できない
  • 建物が震度いくつの地震まで耐えられるかがわからない
  • 耐震改修によりどれくらい強くなったかがわからない
  • 地盤の状況が把握できず、地盤と建物の共振の可能性がわからない

従来の耐震診断方法

専門家による計算や目視による判断

  • 安全
  • 一応安全
  • やや危険
  • 倒壊の危険

ビイックの動的耐震計測

実際に揺らして計測
数値で弱点を発見

  • 揺れに弱い壁とどれくらい弱いのか
  • 実際の揺れの幅を計測
  • 補強後の再計測

専門家の専門家調査に、ビイックの動的耐震計測を加えて、総合的に判断することによって、
建物の耐震性がより明らかになります。

従来の専門家調査ビイックの動的耐震計測=安心できます!

動的耐震計測の5つの特徴

1
震度いくつの地震まで安全か?従来の耐震計測ではできなかった「震度いくつの地震まで安全か」を表示することができます。
動的耐震計測を付加することで、より精度の高い耐震性能調査が可能となります。お客様へこれまで以上のデータが提供できます。

!調査の対象は木造2階・3階建ての住宅で、在来工法、及びツーバイフォー工法のものです。

2
建物のどこが悪いかハッキリわかる地震時に弱いところがあるかどうかが分かります。この結果をもとに、耐震改修を行う必要があるのか等の判断材料が得られます。
3
耐震改修の効果もわかる!耐震改修工事を行った場合、工事前・工事後に測定することでその効果を確認することができます。
4
地盤と建物の相性もわかる!地震時における地盤の揺れ方を測っておくことで、建物の揺れ方との相性を判断します。地震の時に揺れやすい家なのか、揺れにくい家なのか分かります。
5
安全かつスピーディな調査調査時に建物は震度1程度で揺れますが、建物が壊れたり、物が落ちたりといった心配はありません。
また、調査中でも普通に生活していただけます。
地盤と建物を総合的に調査いたしますが、調査時間は平均で3時間程度と、短時間で終了します。

動的耐震計測の調査方法

建物の調査

  • 2階床面で、建物のほぼ中央(重心)にあたる部分に、振動機(水平起振機)を設置
  • ゆれを検知するセンサーを2階の部屋の壁に配置
  • 震度1程度の微弱な揺れを起こし縦横2回計測
  • センサーで検知したゆれのデータをパソコンに保存
調査方法画像

  • 調査方法画像2
  • 調査方法画像3
  • 調査方法画像4

振動を与えた際の建物の揺れ方で、硬い建物(=揺れにくい)か、柔らかい建物(=揺れやすい)かが判断できます。
また、揺れを検知するセンサーを各部に配置することで、あなたの家のどこがどれくらい揺れやすいかが判断できます。

地盤調査を行います

地盤調査画像

振動機を使って地盤に小さな地震波を与えます。
一般に、軟弱地盤ほど地震時の揺れが大きくなる傾向にあります。
調査地の地盤が軟弱地盤かどうか、想定される地震が起きた場合にどれくらいゆれるかを算出します。さらに、地盤と建物の相性(共振の可能性)についても診断します。

動的耐震計測の流れ

改修必要箇所、不要箇所がより明確になり、結果として改修コストが安くなります。
改修効果が目に見えるため、的確な補強の ための指標となります。

流れ画像

Before » After

耐震補強後です。簡易計算をして、さらに動的耐震診断を実施。実際の揺れからの弱点と簡易計算の両面から耐震補強が必要と思われる部分を検討した結果です。
庭で地盤の地震動を調査。地盤の固有周期を調べる。
建物の地震動の調査。建物の固有周期を調べる。建物を揺らす機械。
建物の固有周期を調べるために、揺らしたときの各部屋で揺れをチェックするための機械。

うえやま建設

家づくりのご相談やご質問は
うえやま建設へお気軽にお尋ねください。

PAGE
TOP