うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

古材の活用

先日、建て替えをご検討されているお客様のお住まいに訪問。
築年数はかなり経過しておりますが、当時の建築は新建材と言うものがなく、木、土、石、草で彩られています。
床の間の板が素晴らしかったよ。

この板を建て替え検討の時にぜひ活用をしたいです。
本物の無垢板だよ。
築50年が経過してると思うけど、削れば新品。本物の木はそういうものです。
床の間が畳になっていると思いますが、これは上等な床の間。
階級が高い武家屋敷などはこの作りが多い。
框は磨き丸太の半割。写真の字が間違えてます…失礼!
床の間の時袋の天板。

裏から見ると…

反り防止の木桟あり。どんな風かと言うとインターネットから画像をお借りして…

 
昔はこれが当たり前。これだけで板が反らないよ。蟻桟と言いますが、加工が甘いとガタガタになってしまうし、かえって板が割れたりしちゃいます。

床柱がサルスベリの木!この曲方が何とも言えなくて美しい。この形では使えないけど、何とか面白い提案ができるようトライしてみるさ(^^)
 
>

関連記事一覧

PAGE TOP