うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

本質を持ったOscar Peterson Trio「The Days Of Wine And Roses」

オスカー・ピーターソンというピアニストをご存知の方は多いのではないかな?

モダンジャズ全盛期の名ピアニスト。洒脱という言葉がぴったりなんです。

心の底からジャズを、演奏を愛しているなぁと感じるジャズメンはそうはいない。

 

この「酒とバラの日々(The Days Of Wine And Roses)」はイントロから洒脱さが出ていて、愛して止まない一曲になっています。

ジャケットもいいでしょ?ネットから失敬しています・・・すみません。

楽しそうなトリオのメンツはピアノ/オスカー・ピーターソン、ベース/レイ・ブラウン、ドラム/エド・シグペン。

Jazzってこういうジャケットがいいなぁと見るたびに思います。

最近はやっぱりピアノトリオが一番いいなってつくづく思います。

基本形だし、最もシンプルで本質的な構成だからだろうね。

飽きがこない。

建物も本質を外さないシンプルなものを。

小細工は時と共に飽きるからね。

車の中ではアマゾン・ミュージックからブルートゥースで接続して聴いていますよ。

関連記事一覧

PAGE TOP