うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

現調の楽しさ

築20年のオーナー様のお住まいに娘さんご夫婦が同居されると言うことで、両方のお住まいに現況チェックに行ってきました。収納するもの、意匠として飾るものなどを部屋の隅々までチェック。そこで見つけたものがこれ

ご主人様が作ったミニチュアのハウスです。
めちゃめちゃ精巧でびっくり仰天。
すごく時間かかったと思います。
時間をかけた分だけ、洗練されているし、細かな部分も非常に見事に演出されている。
これを拝見して改めて思う事は家は特別なことをするのではなく、あるものを磨き直すことで大きく雰囲気が変わると言うことです。
美しい、楽しい、スマートな、洗練された、居心地の良い空間とは、特別変わったことをやるのではなく、シンプルに一つ一つの部位に対して、高さはどうだ、厚みはどうだ、奥行きはどうだ、横幅はどうだ、形はどうだと突き詰めていくことだと感じます。
写真のこのミニチュアのハウスもどこを見るかと言うと細かな細工の部分に目が行きます。
そこがすごく美しいと人って感動するんですよね。
部分部分の集合体が全体となります。集合体が美しい条件は部分部分が美しいことです。
この考え方は間違ってないですね。奇抜なことばかりをやろうとする業界ですが、ちゃんとした王道があります。王道の中に新しいセンスを入れる。設計の楽しみの1つがここにあるんじゃないかなと思います。
>

関連記事一覧

PAGE TOP