うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

壊す、捨てるばかりではなく新しい息吹を

昔しばしば見かけた懐かしい手掛けを発見。

これまた昔よくあった玄関横の応接室〜ここの入り口のドアの手掛け。
とても凝った作りをしています。
材質はチェック忘れですが、このデザインは貴重です。
40年、50年前はまだこういうものがふんだんに使われていました。
私の大工の修行の頃も「応接間の出掛けだけはちょっとおしゃれなものにしてほしい」とお客様にオーダーを受けたものです。
この手掛けを何とか新しい家に使えないかなと考えています。
古くて良いものを再利用する〜捨ててしまうのではなくて、新しい息吹を入れて再び家族とともに〜なんでも新しいものにするのではなく、古くても良いものは使う、それが新しい生活にマッチするように工夫をする、ということも建築の面白みだと思いますよー。
壊すよりも修正をして再び使う、壊さざるを得ないけど使えるものは再利用する、そんな気持ちを忘れないようにやっていきたいです。
>

関連記事一覧

PAGE TOP