うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

隙間風でお悩みの方には・・・

昨日は不動産物件案内サポートとして4軒、中古住宅を見てきました。
築年数が40年を経過しているものが多かったですが、良い施工をしているものはずっといいですね!
当時のアルミサッシは大半はこんな風です。
隙間が多くて強風が吹くとガタガタ鳴ります・・・
そしてシングルガラスなので熱が逃げてしまう、そして入ってきてしまう・・・


鍵の部分、ここはクレセントと言いますが、一つしかないです。今は3ロック方式で防犯にも結構強いですが。

このアルミサッシをペアガラス+隙間少なく+結露レスにするやり方があります。



 
 

これいいよ。

建物についている枠を外さず、上から被せる。そして新しい最新のガラス戸を入れる。これだけで熱の逃げが激減し、夏の入ってくる熱の侵入も減らすことができます。

リペア工事と言います。

築年数が高い建物は断熱が最もネックになりますが、アルミサッシの改修一つでかなり変わります。

知らない方もいらっしゃるようなのでお伝えしておきますね!

 

今日も打合せ満載★

ガンバロー!

 
>

関連記事一覧

PAGE TOP