うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

大工さんのセンス

大工さんて美的センスがないと務まらないんです。
こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これはナラという木の床材です。
そのなかでも乱尺という複数の長さの種類がある床材になります。
これをバランスよくきれいに張っていきます。
ここでポイントなのは木の表情が1枚1枚違うということ。
キレイな板が多いですが、中にはぱっと見汚く見える床材も混ざってしまうことがあります。
そんなときも大工さんは目立たない収納やキッチンの下になるように計算して配置しています。
 
貼ってしまうと気にならないっていう「普通」は大工さんのセンスによって形作られていたです。
技術が高い大工さんがうえやま建設にはいます。
気になった方はお問い合わせください。
 
リフォームも相談受付中!
  >

関連記事一覧

PAGE TOP