うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

リフォーム・リノベーションのコツ

世の中、ウイルス一色でいけませんね・・・沈滞ムードが漂い、暗雲垂れ込める。早く抗生物質を、早く特効薬をと思われる方ばかりのはず。

会社近くのコンビニの店長さんとしばしば会話をしますが、

・ここの店は3割減 

・スーパーに行かず混雑していないコンビニで買い物をする

・弁当よりも保存がきくパンが売れている   とこんな話ばかりです。

お客様には自宅待機の方も多く、自宅で仕事はフルでできないし、対面じゃないと進まない仕事も多いはず。

我々の仕事は対面以外まずできないです。

お客様の底にある想いを察知しなくてはなりませんもの。現場が自宅待機でできないのは当たり前だし。

察知と書きましたが、タイトルのプランニングはまさにそれ。

リノベーション計画のプラン

お困りごとが解消されるには収納計画が第一とヒアリングで確信。そこで大幅間取り変更しながら収納の計画を立てます。

男70足、女60足とちらりとあります。これは靴です。

下駄箱収納をつくればいいというものではなく、何足入るかということが大切。

冬物150着とも書いてありますが、これも洋服掛けの計画に必要なハンガーパイプメートル数から算出したもの。

収納があればでなく、そこの収納に何を入れてそれがどれだけの数があり、収納可能かどうかを検証する。

リフォーム・リノベーションのコツはここにあるのではといつも思っています。

 
 
リフォームの勉強会もスタートしました★https://www.on-new.com/news/p2056/
ぜひ来てちょ。損はさせませんよー。
 
 

  >

関連記事一覧

PAGE TOP