うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

漆喰(しっくい)はコロナウィルス対策に効果あり??

テレビを見るたびに新型コロナウィルス関連のニュース一色の初春。
感染拡大が続き、不安感はすごく漂っているのを感じます。学校も休校、保護者の方たちも「毎日いるからね・・・」とおっしゃる方が大半。
いきなり夏休みがやってきた~って生活になっちゃいますものね。
 
コロナウイルスの感染の怖さよりもマスク、トイレットペーパー類が店頭から消えていることに
不安を感じている方も多くらっしゃると思います。買い占め、転売で高値で売りつけるなど良くないよね。
弊社も対策は「キエルキン」 を常備してお客様に使っていただいています。これ、アルコール消毒よりウィルスの分解に有効とのこと。
これを分けて下った方が口に入れても大丈夫と実際にやってくれました。私も内緒でやってみましたが、水みたいです。
それだけ安心なものを準備していますのでぶらっとお越しくださいませ。
 
無添加漆喰の家をご提案している我々ですが、これはインフルエンザ菌にはとても有効といわれています。
インフルエンザウィルスを不活性化させる作用がある。これは無添加住宅で実験→実証済み。
これを見てくださいね→無添加オリジナル漆喰


漆喰はアルカリ性。
人に必要な菌・・・例えば麹菌などは活かします。
酒蔵、味噌蔵は発酵時に雑菌が入るとつくれないので、漆喰で作られているのです。
無添加住宅オリジナル漆喰にウィルスを付着させた実験結果は・・・
付着直後から不活化し、99.9%低減。

豚インフル、鶏インフルの時に畜産場の周りに白い粉がまかれているのをテレビで見たことありませんか?
消石灰で消毒しているんですよ。この消石灰が漆喰なのです。

 

漆喰

漆喰とは消石灰にふのり、スサを加えて水を投入して混ぜ混ぜしたもの。先人たちの知恵です。

 
新型コロナウイルス対策として漆喰は効果があるのかな?インフルエンザには有効な手立てだけど、新型コロナウィルスにはどうなのかな?
雑菌を不活性化するパワーのある漆喰だからね、感染が落ち着いたら是非是非検証して欲しいと思います。
弊社スタッフが全員元気で頑張っていることが証拠??と言ったらお叱りを受けそうですが、笑。
 
 
 
漆喰はインフルエンザ菌を99.99%不活性化する優れもの★
 

 
  >

関連記事一覧

PAGE TOP