うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

スタッフ紹介_営業部 水野晃良 Part.1──現場監督としての経験の浅さをカバーしてお客さまの信頼をかち得た理由とは──

on・new うえやま建設」では代表の植山修雄をはじめ、新築・リフォームの設計や現場の施工スタッフ、お客さまを最前線でサポートする営業メンバーなど、さまざまな職種のスタッフが皆さまの住宅購入に携わっています。
 
今回は「on・new不動産」を中心に担当している営業部水野晃良をご紹介します。

 
名古屋市立工芸高校の建築科を卒業後、うえやま建設に入社した水野。現在、入社10年目になります。一昨年まで現場監督としてキャリアを重ねてきました。
 
「元々図面を描くことに興味がありました。建築の現場を知るところから始めようと思い、現場監督の仕事を手がけている内に10年近く経ちました」
 
高校の建築科を卒業しているとはいえ、実際の住宅購入の現場は初めての経験。現場で熟練の職人さんの仕事ぶりを間近で見ながら、イチから現場監督の修業を重ねていったといいます。
 
そんな水野が現場監督としての仕事の手応えを感じられるようになったのは、お客さまとの繋がりを通してだったといいます。
 
「現場監督の仕事に慣れてきた頃から、お客さまとの繋がりが深まってきました。建築中や完成後に食事に連れて行ってもらったり、新居に招いてもらったこともありました」
 
まだまだ経験の浅い現場監督だった20歳前後の水野。どうしてお客さまに気に入っていただくことができたのでしょう。
 
「建築工事が始まったら、お客さまにとって“うえやま建設の顔”となるのは現場監督です。現場を訪れたお客さまからのご質問に丁寧にお答えし、進捗状況などもできる限り詳しくご説明するように心がけていました」
 
そんな姿勢が経験の浅さを補って、お客さまからの信頼に繋がっていったのです。
 
入社以来、現場監督一筋に歩んできた水野。どういう経緯で営業部門を担当することになったのか。そのお話はまた次回にご紹介します。 >

関連記事一覧

PAGE TOP