うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

“定額制”注文住宅「ライフボックス」は自然素材にこだわった家です

お客さまに健康で快適な暮らしをお届けするために、うえやま建設では自然素材にこだわった家づくりに取り組んできました。
 
そのエッセンスは「ライフボックス」の家にもふんだんに活かされています。
 
構造材には無垢天然木を使用。中でも山で伐採してから葉を付けたままの状態で長い時間寝かし、じっくりと乾燥させた「自然乾燥材」にこだわっています。この“葉枯らし乾燥”を行うことでフェノール成分が作られ、カビや腐りに強い木材になります。色や艶、香りも良くなり、加工後の反りや狂いが生じにくくなるのも利点です。

 
室内壁や天井にはすべて「漆喰」が使われています。漆喰はサンゴなどの海中生物の化石が堆積してできた石灰石を原料とする仕上げ材。調湿効果に優れているのが特徴です。湿度の高い夏は湿気を吸い込み、乾燥した冬には湿気を放出。1年を通して快適な室内環境を作り出します。
床はすべて無垢床材仕上げ。薄くスライスした木の板を接着剤で貼りあわせて作られたフローリング材に比べ、木材ならではの風合いや温かみが感じられる無垢の床は、住む人の身体的な負担を軽減し、快適な暮らしを実現します。
 


 
愛西市に誕生した「ライフボックス」の家。長い年月を過ごすお家での暮らしの中で、身体に優しい家づくりの魅力を味わっていただけるお家となっています。
 
 
  >

関連記事一覧

PAGE TOP