うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

お客様同行

お客様と同行してリクシル  のショールームに来ております。

設備品の標準は決めておりますが、こればかりはお客様の好みがありあちらこちらのショールームに。
キッチン、ユニットバス、洗面化粧台、トイレ、これらは皆さん力を注がれますね。
それはよくわかります。
だって楽しいですもの。
ただものすごく細かいです。引き出しの取っ手1つ、引き出しの中身1つ、あらゆるものを一つ一つ決めていかなければなりません。
最初は楽しいが、最後がだんだん大変になってくる、と言うのも設備の選択の時間。
 
非常事態宣言でショールーム滞在時間が1時間半に限定されている会社もあれば、何時間いても良いと言う会社もあります。
1時間半では何も決まりません。
これはお客様にとってはストレスで、何回も行かなければならなかったらもういいですってなるんですよね。
この1時間半滞在をやっている会社は、以前は1時間でした。
いちど同行したことありますが端折ることすごかったねぇ。
設備品は10,000円20,000円のものではありません。
トータルすると何百万円もします。
それを端折られたら嫌になっちゃうよね。
結局他のメーカーに行くと言う形になってしまいます。しかし今日の担当の方はとても素敵な女性で、説明バッチリ。ここのメーカーで決まるかな?

さて楽しんできます。
 
 
 
>

関連記事一覧

PAGE TOP