うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

地域密着だから尖ったものを作る!

社用車の三菱ランサーバンがリースアップ。
担当の方から「今現在ランサーバンは生産しておらず、代わりになる車がない」と言われ、単年リースにするか、リースを終えるかどっちかに来てほしいとなりました。もともとランサーバンはOEMの車。他社車両の共有。その枠が外れて自社生産もしないからということでしょうね…
こんな話を聞くと三菱の苦戦を感じざるをえません。
良いクルマを作っている会社なので、経営方針を変えて、ミニマムな市場でも戦える企業風土を作ってほしいと思います。
車の業界は激戦なので、その中で生き残りをかけた戦いは非常に厳しいものがありますが、もともと技術がある企業。様々な事故やブラックなところがイメージを悪くしていますが、作っているものは悪くない。
頑張ってほしいです。
再リースを止めることで決めました。ただ工務用の車がトラックの軽トラックしかなくなっちゃうので、荷物が積めて打ち合わせもいける車ということでホンダのN-VANをリースすることに決めました。
この車すごいんだね!カタログ見てびっくりしちゃった。

 
センターピラーがない。
長尺の荷物を横から積める。これはホンダらしい。
素晴らしい技術とアイデアは見事。ホンダっぽいよ。
営業さんが「もっと尖った車を作って欲しいんですが…」とぽろっとつぶやいた言葉が印象的。
尖った車と言うのは大衆受けを狙うのではなく、売れなくてもいい(会社としてはこれは困りますがねぇ)ので個性的なホンダらしい車と言う意味だね。
私の乗っている先代オデッセイは車高が低くて、ミニバンなのかステーションワゴンなのかわからないし(ミニバンです!)、搭載されているエンジンはなんと2.4リッターのDOHCエンジン。このエンジンは豪快に走るよ。

こういう車はミニマムなファン好みじゃないかなぁ。
ホンダは世界的な企業だけど、ちょっと昔の社風で貫いて欲しいなと思います。
ものづくりと言えば私たちももの作りの会社。
自分たちが住みたい家がテーマ。
尖っていると思います、笑。
健康に暮らしたいし、暖かく涼しく、地震や災害に強い、そしてその人だけのオリジナルの生活の創造、その中心の素材が無添加オリジナル漆喰を中心として…完全に尖っているねー。
地域の工務店だからこれができる。 全国展開するとなかなかこれは難しくなると思う。
ホンダと言う会社は世界的に展開する企業だけど、車産業に乗り込んだときのような尖った車を作って欲しいと思う。
さて新しいリースで購入するN-VAN。
高めの荷物も積めるし、活躍してくれそう。何よりもすごいのはホンダセンシングと言う自動運転にも近い性能を備えていること。事故とか未然に防ぐ性能を備えてる。荷物もしっかり詰めるけど、この安全性能が何よりも1番うれしいです。社員を守れるからねー。
もうじきやってきますよー。
  >

関連記事一覧

PAGE TOP