うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

ファイナンシャルプランニングのススメ──住宅ローンの“勝ち組”になるために──


 
お家を建てる際に利用することになるのが住宅ローン。自動車の購入などでローンを組んだことはあっても、数千万円単位の住宅ローンとなるとほとんどの方にとっては初めての経験。金額が大きいだけに不安も感じますよね。
 
でも、金額が大きいからこそ、上手にローンを組んで返済計画を立てれば、資金計画を上手に進めることもできます。
 
たとえば金利
3000万円の住宅ローンを金利1%と2%で算出すると、35年間で500万円~600万円違ってきます。すごい差額ですね。たとえ金利0.1%の違いだったとしても、50万円〜60万円の差が生まれるのです。
 
また、返済期間によっても大きな違いが生じます。
住宅ローンの借入金額3,000万円で借入金利1.7%の場合、35年返済と30年返済ではなんと151万円も違うのです。
 
繰り上げ返済についても、期間短縮型と返済額軽減型、それぞれにメリットがあり、どういう効果を期待するかによって慎重に選択する必要があります。
 
住宅ローンの賢い利用法については、さまざまな情報が溢れかえっていますが、自分にとってどの方法が一番適しているかを見定めるのは難しいですよね。
 
on・new うえやま建設」では住宅ローンのご相談にのらせていただく際には、お客さまがお家を建てられた後も安心できる返済計画を立てることが大切だと考えています。
 
専用の「住まいのFP診断 ヒアリングシート」などを用いて、人生の三大資金の予定金額や現在の家計の支出状況などを正確に把握し、お家づくりのための資金計画を一緒に考え、お客様に最も適した住宅ローンの返済方法をご提案させていただきます。
どうぞご安心してお任せください。 >

関連記事一覧

PAGE TOP