うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

【「on・newが」提案する新しい“無添加住宅”スタイル】

名古屋市天白区で22年にわたって自然素材の家づくりに取り組んできたうえやま建設が、昨年、新たな家づくりの形として打ち出した新ブランド「on・new」。
 
そのベースとなっているのは漆喰や無垢材などの安心・安全の天然素材を使って創り出す空気の綺麗な家”でご家族の健康を守る「無添加住宅」です。

 
無添加住宅は、一般的な自然素材を使った家をはるかに上回る超自然素材の家」。漆喰や無垢材の他にも天然石や柿渋など、使用する建材に吟味を重ね、“身体に良くないものは一切使わない”姿勢を徹底しています。
 
ただ、自然素材を使っただけでは“快適な家”にはなりません。独自の工法と厳選された自然素材を使うことで、気持ちのよい室内空気環境を生み出し、夏も冬も快適な家を実現します。
 
無垢の木はお手入れを加えるごとに深みのある色合いを醸し出すのも特徴です。経年変化による美しさは、自然素材ならではの唯一無二の付加価値。時が経つほど愛着が生まれる家となります。
 
「on・new」が提案する無添加住宅のカタチ。ぜひ、天白区に完成したモデルハウスでご覧ください。 >

関連記事一覧

PAGE TOP