うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

中はポカポカなんです~

今朝の6時30分の外気温は9.6度、湿度77%(気象協会)、モデルハウス1階北東バンケットルーム室温は18.6度、湿度41%。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バンケットルームは使用していない時は暖房をつけていません。夜も17時以降は無人で無暖房。
それでこの数値はなかなかです。Heat20G1の温熱性能を標準としています。性能はやはり数値だよね。
夏は石屋根(クールーフと言います)が効果を発揮します。屋根に降り注ぐ熱を石と屋根下地の隙間の空気の流通で中に入る熱を軽減。
石屋根は雨が降って濡れるとセクシーだよー。石だから永久的な素材。城の石垣をみれば石は割れなきゃ不滅と言えます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
漆喰で天壁を塗り仕上げしているのも効果を高めていると思います。ビニールクロスではここまで暖かな環境にはならない気がします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋の深まりと季節の移り変わりを感じるアプローチが好き。
広葉樹は落ち葉拾いがたいへんだけど、色づき、芽吹きで季節の移ろいを肌で感じることが出来る。
雑木の中で暮らすイメージです。コンクリートも駐車場のみ。
ただ夏になると草むしりとかたいへんになりそうだけどね(^-^;
冬が好きな人です。冬生まれだからかな?
身が引き締まる、空気が澄んで凛々しい、という私の感じ方です。
  >

関連記事一覧

PAGE TOP