うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

てんこ盛り

今日は定休日。

両親の前で近況報告をしに来ました。
今日の供花はてんこ盛りです、笑。
お袋がピンク色が好きだったので、なるべくいつもピンクの色が濃い花を選んでます。親父は花が好きだったと言う話は全く聞いたことありませんが、お袋が喜ぶなら親父も喜ぶはずです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お墓参りの時間は、普段バタバタしている自分の心を静かに沈める時間にもなります。
両親が健在の頃は、顔も出さずにひどいものでしたが、いなくなると改めて親に会いたくなるものですね。
親父は弟子を何人か抱えた大工の棟梁でした。その弟子の朝昼晩のご飯や洗濯を毎日していたのがおふくろでした。私か親父にの下で修業を始めると、本当に厳しい人でした。今までやったどんな人よりも厳しかった。逃げ場を作ってくれません。追い込みオンリー。だから4年目で一軒全てできたのですが。
墓前に来るとその時々の自分の心がよくわかります。見守っていてくださいねと伝えるだけですが、自分にとっては良い切り替えの時間となっています。
 
 
 
 
 
  >

関連記事一覧

PAGE TOP