うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

これはいけませんぞ

先日とある分譲住宅をお客様と見に伺いました。
建築屋なのか不動産屋なのか、よくわからんくなってますが、建築一本でやってきたからこそ、不動産案件の物件をしっかりとチェックできるんだろうね。
 
建築屋だし、もともと大工なので見方は厳しいと思いますが、私が住むとなったら気になるのでこの視点を忘れずに。
 

床下の写真。木屑、石膏ボード屑、断熱の切れっ端、テープのちぎれたものが散乱。
排水管が立ち上がっているところは断熱材をカットして厚みがなくなっています。80%ほどカットしたいるので断熱性能は大きく下落。これを見ただけでアウトです。
分譲住宅は信用ならないという方が結構多くいます。
信用ならないのはこういうことをしている業者がいること。
結構たくさん見てきましたが、まともな業者も多い。
一部こういう輩がいる。イメージを悪くする業者のせいで業界全体が悪く見える。残念です。
サッシの枠を見ると・・・

 
ビスが飛び出ている。アルミの枠もひん曲がってしまっている。
大工の仕事です。
どうしてこういう荒い仕事をするのか・・・残念すぎる。
自分の家だったらこんなことをしないだろうに・・・いつでもどこでも同じでないといけません。
それはどんな仕事についても同じ。貫くというのは、そういうこと。
私は仕事中も家も飲みに行っても変わらないです。誰に聞いてもらってもいいですよー。
変わると疲れるし、化けの皮がはがれるに決まってるもん(笑)
器用な生き方はできないな・・・もっと商売上手になりたいです・・・(^-^;
 
>

関連記事一覧

PAGE TOP