うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

建築パース

ニューヨークで個展がしたい。そんなこと?夢?をまだもっています。
今年で気づけば31歳…いつかはきっと…ニューヨーク!
皆さんこんにちは。お待たせしましたて、初投稿のコヤマと申します。
私がここ、うえやま建設に入社して早1年が経ちました。今回は最近のお仕事内容をご紹介!!

「建築パース」というものです。
どんな家が建つの?こんなイメージにしたいんだけど?などなどお客様によりイメージを膨らませて頂く為の
とても重要なツールかなと思っております。
もともと美大出身なので(一応ですが)、絵には自信アリだったのですが…建築パースはかなり難しいです。
3Dソフトの「アーキトレンド ゼロ」というものを使って作成をしておりますが、絵の具で描いた方が楽かなとも
はじめは思ってしまいました。

最近では、何とか形にもなってきてお客様へのプレゼンテーションの際に、ご提案させて頂いております。
「外観パース」夕方になるとこんな感じ。外壁は漆喰。

コチラは実際の土地に当てはめたものです。
個人的な注目ぽポイントは外構廻り。作成に時間かかりましたねえ。

家を建てる際には図面というものがあります。お部屋の間取りが描いてある例のアレです。
ですが、特に女性の方はそれだけでは中々イメージが出来ないという意見が多数。
「建築パース」があることでイメージも膨らみ、床の色はもう少し明るくしたいな。など
お客様のご要望にも応えることができたりします。

うえやま建設ではお客様のご要望をお伺いしてこのような「建築パース」でご提案をさせて頂いております。
いつかはコレ写真?というようなパース(写真をこえたい!)を描きたいと思っておりますので、
家を建てたいという方は是非、うえやま建設へご相談下さいませ。
では、また。
  >

関連記事一覧

PAGE TOP