うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

【漆喰の魅力-1 漆喰とひと口に言っても千差万別です】

on・new うえやま建設」では漆喰や無垢材など身体に害を与えない安心・安全の天然素材を使って生み出す “空気の綺麗な家”「無添加住宅」を手がけています。
 
外壁や内壁の素材として最近、注目を浴びる機会の多い漆喰。サイディングやビニールクロスでは表現できない風合いと健康的な空間を実現してくれる素材として人気が高まっていますが、ひと口に漆喰と言っても色々なタイプがあることをご存知でしょうか。

漆喰とは、石灰岩を焼いて水を加えた消石灰に糊(のり)などを加えたもの。漆喰に水を加えて壁に塗りつけると、乾燥して空気中の二酸化炭素と化学反応し、再び元の石灰岩と同じ成分に戻ります。
 
自然素材というのが漆喰の魅力なんですが、最近、ホームセンターなどでDIY用に販売されている漆喰の中には、漆喰本来の成分以外の原材料が含まれていたり、割れ防止として下地処理剤に化学物質が入っているものがあります。中にはビニールクロスの3倍もの化学物質が含まれているものも。
 
これでは天然素材としての特長は発揮することができません。それどころか、有害な物質が発生して、室内環境を悪化させてしまう危険性もあります。
 
「on・new うえやま建設」が採用している無添加住宅オリジナル漆喰は、良質で白度の高い高知産の石灰岩を使用した100パーセント混じりっけなしの自然素材。独自の改良を加えて耐久性・安全性・意匠性も抜群の画期的な漆喰です。
 
そんな漆喰の壁の家で暮らすことでどのような効果が得られるのか。そのお話はまた次回にご紹介します。 >

関連記事一覧

PAGE TOP