断熱材について セルロースファイバーは安心をみなさんの住まいに提供してくれます。名古屋の工務店うえやま建設 | 名古屋の工務店|自然素材注文住宅・新築なら天白区のうえやま建設
on・new お問い合わせ
資料請求

メニュー CLOSE

家づくりで
大切なことコラム

素材について2017.05.15

断熱材について

むかしはうえやま建設でも、外断熱やグラスウールも使っていました。
確かに、外断熱は気密・断熱性能どちらも素晴しいです。
でも化学製品だし、廃棄の時に困りそう。
グラスウールは安いし、性能が良いものもあるけど施工性が人によって変わるし、何かのきっかけで水に触れたらカビの原因になる・・・、住まわれる人が本当に安心できる物なのか。

いつもそんな疑問を感じていました。
そんな時、耳にしたのがセルロースファイバー。
最初は「紙なんて・・・」と見向きもしなかったけど、よく調べてみると
今まで何とかならないかな〜と思っていた事をほぼクリアしている。
結露はないし、燃えないし、高断熱中気密で
健康も害さない。そんでもって吸音効果も高い。
最近では、価格も安くなってきた。イチオシの断熱材です!!

古紙から生まれた断熱材「セルロースファイバー」

セルロースファイバーは、新聞紙を粉々にしてホウ酸を混ぜて作られている、
天然木質繊維の断熱材で、人体への影響が少ないエコ材料です。

古紙を利用していることで、エコロジー時代、リサイクル時代と環境にやさしい断熱材として、
健康住宅にはかかせないと期待されています。

熱の逃げ場は私たちの考える以上に、あらゆる所にあります。


左図は断熱処理のされていない木造家屋の測定例です。
壁からの放熱が一番大きく、私たちが意識せずにいる熱の出入りは
約8割にもなります。


セルローズファイバーの特徴

 

-断熱性が高い-
天然の木質系繊維なので、内部に細かい気泡があり、空気の対流をおこさないため、木の持つ熱を伝えにくい性質をもちます。またブローイング工法により、継ぎ目のない施工で、隙間から熱が逃げないため、優れた断熱性能を発揮します。

-調湿性が高い-
木質繊維の持つ、水を吸ったり吐いたりする力によって、周囲の湿度が高くなれば水分を吸収し、低くなれば放出します。(吸放湿性)
これらの性能は表面結露・内部結露を防ぐのに大きな効果があると言えます。
また建築内部に吸放湿性のある、セルローズファイバーは、人が快適に感じる湿度へ調整をしてくれるため、室内湿度の急激な変化を防ぎ、快適な生活を送る事ができます。
高温多湿な日本には、とても合っている断熱材と言えますね。

結露防止効果
セルローズファイバーの内部に結露が生じた場合、結露が拡散され乾燥し、
また結露が発生するというリサイクルが繰り返されるうちに
暖かい気候になってしまい、結局水滴となってあらわれないで終わります。

-吸音性が高い-
繊維自体の多数の空気泡により、音エネルギーを熱エネルギーに変える作用をもつ上、加えて繊維同士が絡み合うことにより、暑い空気の層を保持します。これらの二重の空気層がダブル効果で音を吸収するので、優れた吸音効果を発揮します。

-防燃性が高い-
ホウ酸、ホウ砂等の化学薬品を混入して防燃処理をほどこしてあるので、木造住宅に使用しても燃えにくく延焼を防ぎます。また有毒ガスの心配もありません。

-防虫性が高い-
ホウ素系薬品処理をしてりますので害虫等がつきません。
アメリカでは害虫駆除断熱材として認定を受けている唯一の断熱材です。

-撥水性が高い-
撥水処理してあるため、吸水性が低く、水分の排出力が大きいので、カビが生じることもなく、
建物に悪影響を与えません。

ブローイング工法について
シートで袋状にした柱間にセルローズファイバーをブロアーを使って吹き込みます。
そうすることで、密に断熱材を施工することができ、より断熱性能が高くなります。

 

記事カテゴリー

アーカイブ

うえやま建設

家づくりのご相談やご質問は
うえやま建設へお気軽にお尋ねください。

PAGE
TOP