家を建てるなら平屋と2階建てどっちがいいの?(2階建編) | 名古屋の工務店|自然素材注文住宅・新築なら天白区のうえやま建設
on・new お問い合わせ
資料請求

メニュー CLOSE

家づくりで
大切なことコラム

2017.11.17

家を建てるなら平屋と2階建てどっちがいいの?(2階建編)

家づくりを考える際、誰しもが一回は考えるのではないでしょうか?

「平屋と2階建てどっちがいいんだろう?」と!

いろいろ調べていくと本当にいろいろな情報がたくさん出てくることに気づきます。

画像検索で「家」と調べるだけでもいろんな形の住宅が出てきます。

たくさんあってよくわからない。とよく調べずに家づくりに突入していくと最終的に後悔してしまうケースがあります。

使用する素材もとても重要ですが、長く家と付き合っていくためにも、家の形に関しても少し考えていきたいと思います。

ここでは2階建について紹介していきます。

 

 

 

2階建のメリット

1.日当たりが悪い土地でも工夫次第でクリアできる。

2建の魅力はやはり、フレキシブルな間取り選択でないでしょうか。

例えば平屋であれば、家の前に別の家が建っているとそれだけでもう日当たりが悪い環境に変わってしまうことがあります。

2階建であれば、2階にLDKを持ってくる配置などである程度クリアすることができることがあります。

 

2.空間に独立性を持たせやすい。

平屋のメリットが「家族間のコミュニケーションがとりやすい」とすると、「2階建のメリットは空間の独立性の持たせやすい」です。

やはり1階と2階だと空間が分けられているため、1階はみんなが集まる場所、2階は各々の独自の独立した空間になりやすいようです。

 

3.土地が大きくなくても建てられる。

平屋で建てることを考えるとやはり、必然的に土地も大きくなっていってしまいがちです。

名古屋市内で大きい土地に建てようと思うと限りがあります。

都心に近付けば近付くほど、駅が近い等の利便性がいいところほど土地代は上がっていきます。

どうしても利便性のいいところを選ぼうと思う方には大きなメリットになるかもしれません。

 

 

2階建のデメリット

1.お掃除が大変。

2階建の建物はお掃除が大変な傾向にあります。

各階の床面積は小さくなりますが、掃除機をもったまま各階を行き来するのは実際にしてみると結構負担になります。

やはり上下階を縦移動するよりも1フロアで横移動する方が負担は軽くなってきます。

 

2.昇り降りが大変時期が来る。。。

人は必ず年をとっていきます。

家を建てた当初、段差など気にならなかったであろう階段も年々年を取っていくと負担がかかっていくものに変わっていく恐れがあります。

階段の昇り降りが苦に感じるようになるとだんだん階段を使用することが減っていくようになります。そうするとせっかく部屋を作ったのに将来使わなくなってしまうなんてもったいないことになりかねませんので注意したいですね。

記事カテゴリー

アーカイブ

うえやま建設

家づくりのご相談やご質問は
うえやま建設へお気軽にお尋ねください。

PAGE
TOP