木の家の注文住宅 | 名古屋の工務店【うえやま建設】
on・new お問い合わせ
資料請求

メニュー CLOSE

スタッフブログ

おこしもの

おこしものとは、ウィキから転記。


おこしものは、愛知県桃の節句に供えられる和菓子の一種。「おこしもん」や「おしもん」、「おこしもち」、「おしもち」とも呼ばれる[1]

基本的な製法としては、熱湯でこねた米粉を鯛や扇などの木型に入れて成型し、蒸し器で蒸しあげた後に食紅で着色する。または、色生地を別に作っておき、成型時に白生地と一緒に詰め込む調理法もある。

蒸したてのものやのように焼いたものを、砂糖醤油などをつけていただく。

語源については諸説あり、木型から起こすから、木型に押し付けるからなどといわれている。


愛知県でも尾張地方の独特の風習のようです。

昨日は先生を招いておこしものイベント。たくさんの方にお越しいただきました♪

この木型が独特で面白い。大工では無理だよ(笑)

木型には古いものから新しいものまでいろいろ。

コアラなんかは新しい部類。

木型を見ているだけでもとても楽しいものです。

自分でつくるって楽しいものです。私もやりました。
まさにカニを皆で食べている感じ。集中し、言葉もなし(笑)

でもつくる楽しさ満載。また来年もやります。今度は移転先のもっといい空間ですよー。

 

PAGE TOP

私たちの家づくり

【写真はネットから失敬しています、ごめんなさい】

時流、トレンドに合わせて軸をコロコロと変えると私自身も迷うし、スタッフも当然迷いますよね。

軸を変えることは会社の方針を変えてしまうことになる。

設立時の考えをぶれずに貫く。枝葉は変わっても軸は絶対ぶれちゃいかんのです。

この4つの考え方は一貫して貫いてきたもの。

軸は先人たちの知恵がベース。

先人たちは凄いですよね。法隆寺の五重塔なんて1300年ですよ。1300年、手を加えながらずっと建っている。

当時50億円かかったとしても、50億円÷1300年=384万円…1年で384万円ということ。

我々の建物も当初3000万円だったし、維持管理が年10万円と計算し、30年後—-3000万円+(10万円×30年)=3300万円→子供たちに良好な品質の建物をバトンタッチ。

よくあることは当初2000万円だったもので、維持管理が年10万円と計算し、10年後にプチリフォームで100万円、15年後に屋根を塗装したりで200万円、20年後に大がかりになリフォームで

1000万円(リフォームの平均は1200万円だそうです)=3300万円→10年後(30年目)に解体処分で建替えで2000万円=合計5300万円の投入。

日本の住宅事情はこれが事実です。

少し勿体ないな…

建築当初に適材適所の素材選択で見えない所に手間暇をかける、手練れの職人の手わざ、光と風を活かす設計、直下率・偏心率などの建物バランス、美しいデザインなどを

十分に検討し建築をすると、長持ちの維持管理が容易な住まいに間違いなくなります。

工期短縮が至上命題ですが、短縮するために職人じゃなく作業員でできる施工方法となったり、まだ歴史のない素材を使ったりすると次世代につなぐ時に大きなコストをかけなくてはならない可能性もあります。

現存する古民家、歴史的建造物をよく見つめると、共通している部分があります。そこさえちゃんと守って建築すれば、同じように長く持ち代々繋ぐことができます。

そこが我々の軸です。

現存建物はあらゆるところにあります。

お城が好きなのでズラリと並べてみます。

高知城。

丸岡城。

丸岡城内部。

丸亀城。

木造住宅の長持ちの秘訣がここに隠されています。詳しくはお会いした時にお伝えします(^^)

 

 

 

 

PAGE TOP

オーナー様感謝祭

今回で16回目。もう本当に時が経つのが早い!

スタートした時は40歳ぐらいだったのに、いつのまにか大台に近くなっています(笑)

移転計画のことをオーナー様にお伝えしました。


エールを送って下さるお客様、心配されてアドバイスを下さるお客様…本当にありがたいことです。
親身になって受け止めて下さる。そこに感謝をしなくてはバチが当たります。
いただいた全ての言葉はエール。脳裏に叩き込んで頑張って参ります。
今年は素晴らしい趣向がありました。

まずウルトラ横断クイズ。これは面白かったですねぇ。職人さんをクイズの題材にして〇☓で移動。意外と当たらないものですねぇ。

そしてマジックショー。プロの中村龍平さん。カナダとアメリカで修業し、今日本で活躍しているマジシャン。皆、目が釘付け。

大工さんのどんぐりマジシャンも開催。遊び心があって最高でした。

私もこういうことができる男になりたいな…

全てはスタッフの皆の頑張り。本当にありがたいです。終了後、皆で残った食事でワイワイやりたかったですが、一つも残っておらず断念。

1月は経営計画発表会や感謝祭などイベントが多々で負担をかけているので、どこかのタイミングで全員でご飯に行きたいです。

たくさんの方にご参加をいただきありがとうございます。また来年も!

PAGE TOP

適材適所

火曜日は大阪、水曜日は東京と日本二大都市で学んでまいりました。

大阪も駅から出た瞬間、見上げると都会ですわ~。東京は勿論のこと…名古屋も見上げるとちょっと都会になってきましたがね。

あちらこちらに走り回っている今年ですが、しっかりと焦点をあてて学んでいます。

実践的に学べるもの。これに特化して学んでいます。

だから実行あるのみ。

これはエネルギーが湧いてきます。

会社の中ばかりにいたら、穴熊社長(と武蔵野小山さんがいつも言われています)。
感度が鈍る。だから出ていく。ネットの世界は5年も経つと時流が違います。ちょっと前はFBがトレンドだったのに、今はInsta。

本当に目まぐるしい世の中。人々の価値観が目まぐるしく変わってくると言うことです。

私は変わらないというか変われない(笑)

今サポートいただいているデザインの第一人者の先生から「植山さんは昔と全然変わっていないよね。そんな人はいないよ」とお褒めなのかどうか悩むところですが(^^ゞ

変わらなくていいこともたくさんあります。建築の世界だと、先人たちが培った技術、適材適所は未来永劫のものでしよう。

そこをベースに新技術を。
いろいろと学ぶことがてんこ盛りで大忙しです。でもやりがいはすごくあります。

PAGE TOP

リピート率90%超え

うえやま建設は

2月から新たな期、29期がはじまりました。

そんな中で、昨期一年間の振り返りをしました。

わたしも、びっくり事実が判明!!

リフォーム部門の

年間御仕事総数のうちで

リピートでご依頼をもらった割合が、

90%を超えました。

 

いままで、実はデータ、統計を正確に

とっていたことはなかったのです。

昨年はそれなりに正確にとりました。

そうしたらこの事実!Σ(・□・;)

 

特にリフォームのオーナー様からの

リピートは7割近くでした。

 

そのため、リフォーム部門は

ご新規の方への対応が

かなりシャイで、

あまり対応が上手ないかもしれません。

 

しかし、多くのオーナー様から

リピートの真実は私どもの

本当の姿ではないでしょうか?

皆様のご愛顧に感謝申し上げます。

 

また、今年、今期は

ご新規の方々との出会いも広げたく思い、

広告掲載、チラシ配布などに少しずつトライしていきます。

 

とはいえ、現状でも行列気味です。

お待ちいただいておるお客様がおります。

ご迷惑おかけします。

 

ご贔屓頂いておりますお客様には、

引き続きのご愛顧いただけますようにうえやま建設一同で精進してまいりますので、

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー:普段のあれこれ

PAGE TOP

小さなことを

社屋移転にあたり色々と思案すること、今後現場で実行していくことなど検討することが多々出てきました。

小さな事でも配慮する。ついつい見逃しがちなものも、こだわって検討していきたいと思います。

様々な会社の建築現場が気になります。大手メーカーや地元の建築会社等よーく見ていると違いがあります。

写真の道路に敷く鉄板1つ、置き方やいろいろ違います。私たちでベストなものを標準の形にし、お客様に喜んでいただけるよう努力していきたいと思います。

一事が万事。小さな事でもそういう配慮ができる会社にしていきますよ。

今日も冷たい1日。春が待ち遠しい。

でも冬が好きです。空気が凛と澄んで身も心も引き締まる。

寝起きがぐずぐずしない人。目が覚めた瞬間に飛び起きて着替えるけど、その時の冷たさが妙に好き。周りからは変人と言われます、笑。

PAGE TOP

ディテールの楽しさ

住宅の仕事に携わると、ディテールというものが大切になってきます。

ディテールとは…全体の中の細かい部分。細部。また、建築物などの詳細図などの言葉が出てきます。

細部をしっかりとつくりこまないと人は美しいと感じません。視覚で見える物は一瞬の判断で美しい美しくないを判断します。

「パッと見」という言葉がありますが、まさにそれ。細部にこだわらないとそこは「パッと見いい」にならないです。

昨日のディテール検討は楽しかったです。

この寸法の目まぐるしい事(笑)

いくらかっこいいと言っても施工ができないようなものはレッドカード。そこを汲んだ上でディテールを決める。

大工をやっていた小生としては、こういうものがないと現場で出来ません。

設計図+詳細納まり図(ディテール)があると、難度の高いディテールでも施工できます。

絵というか、漫画のような設計図で大工が形にしていた時代がありました。1/100の小さな平面図から三次元に。

よくもまぁそんな状態でつくっていたものです。

「こうだろう」とやっていると、設計士がやってきて「ここはこうして下さい」と変更があったりすると、「詳細を下さい」の連呼。

詳細が書けない人もいて、昔はいい加減なものです(-_-;)

今は既製品を使う会社が多く、そんな面倒な事をいちいちやりません。建築マンとしてはちょっと残念な思いがあります。

既製品の魅力はあります。安定度抜群でわかりやすい。

でも写真のような部位を詳細ディテールに書き上げて納めていくことは、建築に携わる人たちの技術の向上でもあるし、お客様に

お客様だけの一棟をお届けすることにもなります。

詳細ディテールにこだわる。計画中のモデルハウスはそんな思いも詰まっています。乞うご期待を(^o^)/

PAGE TOP

支えられて

数日前、弊社の計画発表会がありました。

もうびっくりするようなお花をご来賓の方々からいただきました★

お心遣いに感謝しなくてはなりません。

忙しい銀行の支店長さんの時間をいただくことは並大抵ではありません。スタッフの皆が

本当に頑張ってくれて、お越しいただいたご来賓の皆さまに精一杯のものをお伝えできたかなと思っています。

二部の頑張りが素晴らしかった。

一部の私の話なんぞより、二部の皆の姿が眩かったです。

私の話は反省と改める努力をすることをお約束しました。

ご来賓の皆さんの前でお伝えしたので、もう逃げ場はありません。

未来の計画もドドーンとお伝えしましたが、未来を決めるから今を生きる。

今は毎日の時間を大切にしていくこと。時を惜しみ、限られた時の中で精一杯の努力を重ねると私自身決心しています。

スタッフの皆、ご来賓の皆さまに支えられて今を生きている。ここに感謝をしなくてはね。

翌日は両親の墓前に報告。

今、こうしてあることは父ちゃん母ちゃんのおかげです。

良いも悪いもたくさん受け継いでいると思いますが、それは全て両親から授かったもの。全て良しでする

心も新たに第29期がスタートです。

 

PAGE TOP

ニーズを活かす

モデル計画のお手伝いをしていだたいている先生たちと浜松は浜北まで。
今は浜松市浜北区になっていますが、ちょっと前までは浜北市でした。

叔母が浜北在住なので、昔はよく立ち寄ったものです。

伺った先はこんな風。

すごいフローリングの見本。

歩いて感触も確かめられる。
ワクワクするような時間でした。

すごいものを一つ発見。お客様のニーズから生まれたワックス。感動しましたぞ。

素材感はそのままで本当に無垢材が美しい。変な塗装で色変わり、風合い変わりがない。

素晴らしい訪問になりました。

こういうハードの勉強も大切。今年はハードにソフトに経営にと勉強を頑張る。

時間が足らないぐらいの毎日です(^^)

PAGE TOP

グッドノート

このアプリは手離せなくなりました。アイパッドにダウンロードしましたが、実にいい。

便利すぎます。

アップルペンで書き込みますが、それが活字に変換される。

PDFなどのデータも貼りつけができ、そこにまた書き込める。

写真をそのまま貼りつけることもできますが、写真をPDFにして張りつけるのも便利。

当然、図面や仕様なども貼りつけてペーパーレスになります。

本当に便利で毎日使っています。

紙だとたまって見なくなり、最後は廃棄という運命を辿りやすいですが、これはクラウドに残っているので削除しない限り

ずっと残る。

弊害もあり。

カテゴリーをつくりすぎてどこに何が入っているのかがわからなくなる(笑)

整理整頓がここにも必要です。環境整備って大切ですね。

 

PAGE TOP

1 / 212

うえやま建設

家づくりのご相談やご質問は
うえやま建設へお気軽にお尋ねください。

PAGE
TOP