うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

生あるものを慈しむ

普段、根詰めて働いているけど、一瞬全てを忘れてしまう時間をつくるように意識しています。
一番いいなって思うのは、やはり自然の物。

ラディッシュ★この鮮やかな何とも言えないレッドがウキウキとさせてくれます。
種を撒いたものが芽吹き、実るっていいよねぇ。
 

トマトも生育中~。そろそろ伸びてきたので、脇芽をとったりして分散しないようにしないとね。

もう10数年前から繰り返している三つ葉。
三つ葉って強いです。
放置していてもどんどん伸びて出てくる。しばしば食卓で活躍。先日つくったそぼろご飯に添えたらナイスだったよ。

朝顔★これは数年前に有馬に行ったときに、お寺の前で販売していたおじさんがいてね、話をしていたら一鉢くれたんだ。
その朝顔から種を取って毎年撒いていますが、我が家のフロントの夏の景色を彩ってくれます。

そして皆が大好きな大葉。猫の額ぐらいの菜園サイズなので、ラディッシュが終わったら鉢から植え替え予定。
これも昨年の種をバラバラと撒いたもの。たくさん出すぎて困るほど(笑)
帰宅してこれをしばしば見る。
朝出かける時に見る。この時間はいい時間なんです。
夜遅く真っ暗で見えない時はスマホでライトオンで見る~笑っちゃうけどね。
命があるものを人様が頂戴して命を維持していくこと。
だからいただきますという。
私たちが使っている木材も山にいる時は生あるもの。
何十年もかけてようやく一本の柱になる。
大切に使わないと天罰が下るよね~

 
 
 
>

関連記事一覧

PAGE TOP