うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

「デザインと機能性を併せ持ったリフォーム空間を実現」──「on・new うえやま建設」リフォーム事例−2


 
昔ながらの和室を限られたご予算の範囲内で子どもたちの快適なスタディスペースに生まれ変わらせる既成の家具で間に合わせるのではなく、存在感のあるスペースにしたいというのもお客さまのご要望でした。
 
子どもたちは皆、絵本が大好き。本屋さんのように本棚に絵本が飾られている空間にできればというご希望もありました。
 
そこで、近藤が提案したのは、天井までの高さのある本棚。造作家具として製作しました。上下の棚板間のスペースを広く取って、絵本が飾れるスペースを確保しました。好きな絵本に囲まれた空間、子どもたちにとってお気に入りの場所になるに違いありません。
 
本棚とL字型に接するカウンターデスクは120cmの幅を取り、奥さまの両隣りに子どもたちが座っても十分に余裕のある広さを確保。隣りに座って勉強をみてあげることができます。
 
もうひとつ、解決しなければいけなかったのは床板の問題でした。カウンターデスクやイスを置くのに、畳のままというわけにはいきません。かといって、素材の選び方によっては、そこだけ和室の中で違和感の感じられる空間になってしまいます。
 
近藤は和室空間にマッチした床材をチョイス。本棚やカウンターデスクとマッチした木の質感が感じられる床材を配して、統一感のある空間に仕上げました。
 
お客さまのご要望からイメージを膨らませてデザイン性機能性を併せ持った空間を作り上げるのは、前職で店舗デザインに携わっていた経験を持つ近藤ならではの手腕。これからもさまざまなアイデアを駆使して、快適なリフォーム空間を実現していきます。 >

関連記事一覧

PAGE TOP