うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

「on・new うえやま建設」の1日──朝礼編 ──

on・new うえやま建設」で働く私たちの1日は毎朝の「朝礼」からスタートを切ります。
 

 
8時半。全員が顔を揃えると、経営理念を唱和。お客さまにより良い家づくりをご提供するための私たちの想いをあらためて確認することから1日が始まるのです。
 
続いて、その日の当番が経営計画書の中の一節を読み上げます。手帳型になっている経営計画書は私たち社員にとって“バイブル”と呼ぶべき存在。「on・new うえやま建設」が事業を進める上で大切な内容の数々が記されています。そのお話はまた次回にご紹介させていただきます。
 
経営計画書の一節を読み上げた後は、各自がそれぞれ内容に対しての“気づき”を発表。日々意見を述べ合うことで、意識を高め合っています。
 
その後、お客さまをお迎えする際の「三大接遇言葉」を声に出して挨拶練習を行ってから、全員で15分間の「環境整備」。モデルハウスの窓や壁、ソファやトイレなど日替わりで担当する場所を決めて清掃作業を行います。
 

 
毎朝、決められた場所の清掃を正しい手順に沿って、決められた時間内で完了させるという作業は、1日の仕事を始める上でほど良い緊張感を与えてくれます。
 
清掃作業が終わったらモデルハウスを整えて、お客さまをお迎えする準備も完了。
本日も皆さまのご来場をお待ちしています。 >

関連記事一覧

PAGE TOP