うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

断熱性能や気密性能の判断基準「UA値」「C値」をご存知ですか

夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる、お家を新築する上で大切な要素ですよね。夏も冬も快適な住まいを実現するために必要なのが断熱や気密の性能です。

 
この性能を測る数値がUA値」、「C値」です。
 
UA値とは「外皮平均熱貫流率のこと。わかりやすく言えば、どのくらいの熱が家の中から外に逃げやすいのかを表す数値です。
 
建物の内外の気温差が1度のとき外に逃げていく熱量を、壁や窓、屋根、床などの外部に触れている面積(外皮面積)で割って算出します。
 
数値が低ければ低いほど断熱性能が高いことになります。
 
一方、C値は相当隙間面積のこと家全体の床面積の中にどれだけ隙間があるかを表した数値です。断熱性能の高い建材を使っていても、隙間が多くては快適な温度を保つことはできません。住宅の気密性能を上げる上で大切な数値になります。
 
住宅の断熱・気密性能を表す「UA値」、「C値」。「on・new うえやま建設」では皆さまにより快適なお住まいをご提供できるよう、住宅性能の強化にも力を入れて取り組んでいます。 >

関連記事一覧

PAGE TOP