うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

家から「電磁波」が出ていることをご存知でしょうか

パソコンや携帯電話から電磁波が発生していることは皆さん、ご存知のことでしょう。しかし、電磁波はもっと身近なところでも発生しています。
 
それが皆さんが日々暮らしているお家の中です。
 
家の中には外の電柱から各部屋に電気を通じさせるための屋内配線が通っています。以前と比べて家の中に家電製品が増えたこともあり、現在では膨大な量の屋内配線がコンセントの先から通っているのです。一軒の住宅に使用される電気コードはざっと1000メートルともこの屋内配線から電磁波が発生しています。
 

 
大量の電磁波に日々さらされている状況では、肩凝りや頭痛、目の乾きや首の痛み、耳鳴りなど日々の生活の中で感じる不調の原因に電磁波が影響している可能性があります。
 
こうした電磁波から身を守るための技術がアーシング(放電)です。効果的にアーシングすることで電磁波が身体に集まることを避け、影響を軽減することができます。
 

 
電磁波対策を施した住宅をオールアース住宅と呼びます。「on・new うえやま建設」では電磁波の状況に配慮しながら、お客さまのご要望に応じて施工を施した「オールアース住宅にも取り組んでいます。 >

関連記事一覧

PAGE TOP