うえやま建設 植山ノブオが建築や日々の出逢いを語ります

スタンダードの解釈

今持っているレコードをもし売却するとした時に、絶対に手放さないものがうん十枚かあります。
その一つ「Zoot」は三指に入ります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

これは最初はCDでした。
車中ではこれを繰り返し繰り返し。
聴けば聴くほど、するめのような味わいがある。
彼の「That old feeling」・・・このスタンダードの解釈が素晴らしい。
タイトル通り~古のムードが自分の過去と重なる。
いろんなアーティストの「That old feeling」を聴いたが、自分の中ではこれ以上がないのです。
Chet Bakerの「That old feeling」じゃなく、Zootがいい。
「920special」は豪快スイング。
ジャズはスイングしなきゃいけないと思いますが、まさにそれ。
「Bohemia after dark」はテナーじゃなくアルト。これも実にいい。
上手というか、曲の解釈はその人の個性が出る。ズートは私にはぴったり。
ピアノはジョニー・ウィリアムス。ちょっとぎこちなく叩きすぎと思います。
手数がすごく多くて好き嫌いあるよ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  >

関連記事一覧

PAGE TOP